×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夏の節電対策で電気代を減らす省エネグッズ

夏の暑さ対策と光熱費の節約を同時解決する省エネグッズやエコ家電の賢い選び方
夏の節電グッズTOP

夏の節電対策で電気代を減らす省エネグッズ



節電グッズ 『省エネルギーや節電』という言葉は電気が一般でも使えるようになってからずっと存在していましたが、「石油価格の不安定さや原子力発電の是非」などの問題がクローズアップされてきたことで、これからはその言葉の持つ意味が大きく変わっていくことでしょう。

政府は、夏の計画停電を「原則として実施しない」ために、産業界や家庭に具体的な節電の取り組みを求める方針を決めましたね。

電力需給緊急対策本部の資料によれば、大口需要家(契約電力500キロワット以上)は25%程度、小口需要家(同500キロワット未満)は20%程度の電力使用抑制を、一般家庭にも15〜20%の節電を求めていくと発表しました。

 具体的には、製造業などには、工場の操業時間を短縮したり、電力需要のピークとなる日中を避けて早朝・深夜へのシフト、省エネ設備の導入などを挙げ、オフィスビルや商業施設などでは、空調の設定を1度上げることでビル全体の消費電力を3〜4%削減したり、照明の削減、窓に遮熱フィルムを貼る、PC・プリンタなどの使用削減、営業時間のシフトなどのほか、「クールビズ」をさらに進めた「節電ビズ」の推進も挙げているようです。

 さらに、企業に対しては、夏休みの日数を増やすとともに、企業・業界間で夏休みが重ならないよう調整し、分散化することも挙げています。

 家庭でも空調温度の引き上げや、エアコンの代わりに扇風機の利用、すだれやカーテンによる遮熱性の向上、使わない家電はコンセントを抜く…といった取り組みを推奨し、家族はなるべく1つの部屋に集まって団らんを過したり、電力ピーク期の家族旅行は西日本などへでかけるようにともいっています。

したがって、企業の夏休み長期化と合わせ、今年の夏は東京電力・東北電力エリア外への家族旅行が流行るかもしれませんね。

節電グッズで簡単節電

ソーラーで節電




ソーラー携帯充電器をもっとみてみる⇒



ソーラーライトをもっとみてみる⇒



ソーラー発電機をもっとみてみる⇒



ソーラー換気扇をもっとみてみる⇒



ソーラーポンプをもっとみてみる⇒

LEDで節電




LED ランタンをもっとみてみる⇒



LED 電球をもっとみてみる⇒

充電で節電




家庭用充電器をもっとみてみる⇒



家庭用発電機をもっとみてみる⇒



充電式乾電池をもっとみてみる⇒



充電式扇風機をもっとみてみる⇒



電池チェッカーをもっとみてみる⇒

省エネで節電




冷風扇をもっとみてみる⇒



保温調理鍋をもっとみてみる⇒



圧力鍋をもっとみてみる⇒



電源タップをもっとみてみる⇒



ワットチェッカーをもっとみてみる⇒



節電コンセントをもっとみてみる⇒



冷蔵庫カーテンをもっとみてみる⇒



省エネ家電をもっとみてみる⇒

夏の暑さ対策で節電




すだれ・よしずをもっとみてみる⇒



断熱カーテンをもっとみてみる⇒



クールシーツをもっとみてみる⇒



冷却ミストをもっとみてみる⇒



冷たい枕をもっとみてみる⇒

Copyright(C)2011 夏の節電対策で電気代を減らす省エネグッズ All Rights Reserved.